HOME>オススメ情報>お得なプランを利用したり自分で作業したりするなど工夫次第で荷物は安く運べる

何かと物入りなときに余分な負担を抑えたい

男性作業員

新居へ引越しをする際には様々な費用がかかります。賃貸の場合であれば、敷金や礼金などもかかり、最大で初期費用が家賃6か月分かかることもあります。単身赴任や新規に一人暮らしを始める場合なら、家具や家電も一式そろえなくてはなりません。マイホームを購入した人なら、この機会に家具なども新調したいところでしょう。そうなると一番を節約したいのは引越し費用ということになります。引越し業者は多数ありますが、中には格安プランを提供しているところもあるので探してみるとよいでしょう。もちろん安いからといってサービスが悪いようでは困りますが、近年では競争が激しくなっていることもあり、格安で良心的なサービスを提供しているところも存在するので探してみる価値はあります。

頼む部分を少なくすれば費用を抑えられる

ダンボール

格安の引越しには条件がつく場合があります。その一つが引越しの時間です。依頼側の希望通りではなく業者に時間を任せることで格安になるプランがあります。これは混雑する時間を避け、空いている時間に行うことで安くなるというものです。また、梱包や開梱などをどこまで自分でやるかによっても値段が違ってきます。全部お任せというのではなく、細かい荷造りは自分で行い大きいものだけ梱包してもらう、あるいはすべての梱包を自分で行い業者は運ぶだけ、など依頼する部分を少なくすることで費用を安くすることができるのです。

単身者や近距離専用のプランも

男性作業員

一人暮らしの引越しでは、単身用のパックを利用することで格安になるケースも多くあります。この場合、業者のほうでは専用のコンテナを用意しており、そこに入りきる分だけなら格安で運んでもらうことができます。はみ出した部分は自分で運べばOKです。また、近距離の引越しを安く請け負うサービスを展開しているところもあります。数時間程度で済む距離ならこのサービスを利用すれば格安で引越しすることができるでしょう。